読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地星社のブログ

社会をよりよくする活動を行っている人や組織を支援する宮城の非営利組織、地星社のブログです。

「課題は何か」から「資源は何か」へ

 東日本震災の後、被災地で復興支援をしている団体は、「課題は何か」「ニーズは何か」を問い続けながら活動してきました。また、外部の支援者(寄付者、助成機関等)からも同じ問いを問われ続けていたと思います。しかし、「課題は何か」「ニーズは何か」に応え続けてきたことで、疲弊している団体も少なくないのが今の状況ではないでしょうか。

 被災地が厳しい状況にあるのは確かなことです。しかし、津波によって地域の力がすべて失われたわけではありません。

 だからこそ、私たちは地域の「資源(リソース)は何か」を問いたい。ニーズが、人々が基本的な社会生活を営むのに足りていないものだとすれば、リソースはそれを直接または間接に補うものを指します。リソースの種類としては、施設やサービス、マンパワー、組織・団体、資金、情報、ネットワークなどが挙げられます。

 震災後の地域づくりにおいて、地域の人たちが主体的に地域にかかわることを重視するならば、地域の中にどのような組織・団体があるのかを明らかにすることが大事です。そして、ニーズとリソースの情報がセットになってこそ、本当に必要な支援のあり方が見えてきます。

 地星社が今回作成する『宮城県 被災地・地域活動団体ガイドブック』はその第一歩としてつくります。

 【寄付者としてご参加ください!】

地域の力を引き出す『宮城県 被災地・地域活動団体ガイドブック』発行パートナーを募集します! | NPO活動を支援する | ファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)

f:id:chiseisha:20161004233238j:plain