読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地星社のブログ

社会をよりよくする活動を行っている人や組織を支援する宮城の非営利組織、地星社のブログです。

ブログによる情報発信とその影響

 地星社ももっと情報発信していこうということで、7月15日からブログを更新してきました。8月末までは、平日毎日更新するということを個人目標として掲げていて、どうにか今回でそれは達成できました(けっこう大変でした…)。

 ブログを更新していると、気になるのはアクセス数です。毎日更新すればアクセスが伸びるかと思っていましたが、自分としてはびっくりするくらいアクセスが増えません。地星社のフェイスブックや私個人のフェイスブックで記事を紹介すれば100を超えるときがあるくらいで、本当にどこでも紹介しないとアクセス数は10くらいだったりします。

 ブログのアクセス数のことについては、だいぶ昔にこんな内容のことを読んだことがあります(なにぶん昔のことなので、正確な表現ではありませんが、だいたいこんな感じでした)。

「一般人が日常生活をおもしろおかしくブログに書いて、1日あたりのアクセス数が1万なのと、国際関係の専門家が世界の政治情勢分析のブログを書いて、読者はたったの3人。しかし、その3人の読者がアメリカとロシアと中国の政府高官だったら、どちらのブログの方が影響力があるか?」

 3つの国の政府高官の意思決定に影響を及ぼすのであれば、ブログのアクセス数は少なくても後者のブログの影響力はかなり大きなものです。そう考えると、読者が少なくても、その読者がどのような人で、伝える内容がどのようなものかによって、社会に対して大きな影響を与えうるといえるでしょう。

 地星社のブログについても、中間支援NPOや助成機関の方から「ブログ、読んでますよ」と声をかけられることが増えてきました。今のところそれで何か社会に影響が出ているわけではありませんが(笑)、業界関係者に読んでいただけるのはありがたいことです。ここに書いたことを何かに反映させていただけるかもしれませんし、今後の仕事につながるかもしれません。少なくとも、地星社はどういう考えにもとづいて活動を行っているかを知っていただくことにはつながっていると思います。

 単にアクセス数を増やすだけなら、増やす手だてはたくさんあります。それよりも、誰に何を届けるか。そこを大事にしつつ、また、想定外のところに届くこともあるので、そうしたことも楽しみながら、ブログの更新を続けていきたいと思います。更新ペースは落としますが、今後私以外の地星社関係者も登場する予定なので、お楽しみに。(布田)